単身パックで引越しを更に賢く行おう

HOME » 引っ越しナビ » 引越しプラン別の節約術 » 単身パックで引越しを更に賢く行おう

単身パックで引越しを更に賢く行おう

単身パックで引越しを更に賢く行おう

単身パックは滑車付きの高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm程度のコンテナボックスに荷物を積み込んで輸送する引越しサービスが単身パックです。

このサービスの呼称については業者によって様々ですが、一般的には単身パックで認知されています。

ちなみに、1989年に業界初のコンテナボックスを用いた単身向けの少量引越し商品が開始されて、2004年に単身パックが商標として登録されたのです。

単身パックのメリットとデメリット

単身パックのメリットとデメリット

単身パックで引越しするメリットとしては、引越し業者が低コストで輸送可能なため利用者の引越し料金も格安にできて追加料金の発生もないというのがあります。

  • 基本的に引越し業者による訪問見積もりが不要
  • 輸送中に荷物が紛失する恐れが無く
  • 運搬時の振動により家財が破損する危険も少ない

というのもメリットです。

一方単身パックで引越しするデメリットとしては、

  • ダンボールなど梱包資材の無料提供や回収がない
  • 荷物が積み切れないと追加料金が発生する
  • 運送可能な荷物のサイズが限られている

などがあります。

その為、単身パックの利用が適したユーザーと適さないユーザーに分かれるのです。

単身パックの荷物量

単身パックの荷物量

単身パックで運ぶダンボールの最適なサイズと量ですが、積むことのできる荷物量が限られています。

その為、単身パックの場合は隙間なく積むようにしないと荷物を載せ切れない可能性があります。

コンテナボックスが幅108cm×奥行き74cmなら、幅37cm×奥行き27cmのダンボールを使うと隙間なく積み込むことができるのです。

また個数については10〜15個程度が相場で、このようにサイズと個数はコンテナボックスに即したものを準備する必要があります。