知ってて損なし!長距離引越しは混載便で格安に

HOME » 引っ越しナビ » 引越しプラン別の節約術 » 知ってて損なし!長距離引越しは混載便で格安に

知ってて損なし!長距離引越しは混載便で格安に

知ってて損なし!長距離引越しは混載便で格安に

輸送距離ごとの引越しの基本運賃の目安を国土交通省が定めていますが、一般的に運搬距離が長くなるほど引越し料金相場は高くなります。

その理由は、引越しの料金は基本運賃にプラスして、トラックのチャーター料金・人件費・オプション費用の合計額で算出されているからです。

その為、長距離になるとトラックのチャーター時間や作業員の拘束時間が長くなりますし、ガソリン代などの運送費用も多くなるのでその分料金が高くなってしまいます。

混載便のメリット

混載便のメリット

このように長距離の引越しで費用が高くなることを回避するためにおすすめなのが混載便プランで、混載便を利用することで長距離の引越しを格安にすることが可能です。

通常引越しは1件あたり1台のトラックをチャーターして実施しますが、引越し荷物が少ないとトラックの荷台に空きが生じた状態で運搬することになります。
その空きスペースに他の依頼者の荷物を積み込んで、一緒に輸送するのが混載便で一緒に運送することで費用を抑えられるのです。

混載便のデメリット

混載便のデメリット

しかし混載便は、同じ方面へ一緒に輸送する荷物が集まってから運送日時が決定するので、輸送まで時間がかかってしまう可能性があります。

また、同じ荷台に複数人の荷物を積載するので、搬出入の時に他の依頼者の荷物と混ざって紛失してしまうことも考えられるのです。
それから、本来混載便はトラックの空きスペースを利用するプランなので、空きスペースに収まらない荷物量や、1台分に換算できる荷物量の場合には混載便を利用した引越しが無理なケースがあります。

混載便を利用して長距離の引越し費用を抑えようと考えるのなら、こうしたメリット・デメリットを理解して判断する必要があるのです。